焼杉
日本家屋では昔から多く使われてきた外壁材の「焼杉」

今では見かけることも殆どないですが、日本では昔からの伝統的な方法で、
杉板の表面を予め炭化させておくことで着火性を低くし、腐食を防ぎます

色は、基本的には黒ベースですが、ブラシの賭け具合や塗料の調整で
仕上げの質感や焼け具合もいろいろ選ぶことが可能です。

写真は焼杉の外壁を使用した板倉の家モデルハウス

b0191559_16305296.jpg


b0191559_16321310.jpg
[PR]
by shizen_sozai | 2010-07-29 16:32
<< オスモカラー システムキッチンCS >>